東海大冒険

多分エッセイ的な雑記

さらば楽天銀行よろしく楽天カード

今回は個人的な話。

楽天銀行カードから楽天カードに切り替えた。

f:id:hanro23:20170911155600j:image

 

そもそも最初に楽天銀行カードを選んだのが戦略ミスだった。ゆうちょに慣れていた身からすれば楽天銀行の手数料はあまりに高すぎた。だから基本カードの引き落とし口座としてしか使う気になれなかったこともあって逆に銀行口座をもっているという認識が希薄になった。

しかし、もし引き落とし日に残高が足りないとなればクレヒスにも傷がつく。自らの認識と実際の重要度のギャップがあまりに激しくカードを手にしてから早くもこの口座を持て余してしまっていた。

 

入会特典でもらえる楽天ポイントにも楽天カード楽天銀行カードでは相当な差があったのに(その時は楽天カードが6000ポイントで楽天銀行カードが2000ポイントだったと思う、多分)何故楽天銀行カードの方を選んだのか。

それは当時クレジットカード、そして自分で作った銀行口座というものに憧れていたというのがあったから。大人の嗜みとして持つクレジットカード、いちいち窓口で煩雑な手続きせずとも開設できるネット銀行、それが両方備わった楽天銀行カードというのが魅力的だと思ったのである。

思えばあまりに幼稚な発想ではあるがその当時はモラトリアム真っ只中で色々と葛藤があった時期でもあり、カードを持つことでそれを脱したような錯覚を起こしていたように思う。

 

それでもゆうちょがメインバンクだったころは手数料無料で楽天銀行に入金できたので何とかなっていたが最近になって事情が変わりゆうちょはほぼ使わなくなった。

ということでいよいよ楽天銀行口座を保有している意味が無くなったので解約を決意。しかし楽天自体はたまに利用するので引き落とし口座を替えて楽天カードに変更することに。

 

手続きは他のブログでもあったが楽天銀行楽天カードとで別々に解約、申込みしないといけなかったので少々面倒。そして申込みから約1週間で楽天カードが届いた。

ブランドは楽天銀行カードの時と同じJCB。海外に行くことも暫くはまずないだろうし、そもそもVISA、Mastercardのカードも持っているしで変える理由もなかった。

前述の通りあくまでたまに利用する程度でそこまで活躍の機会はないかもしれないがあるに越したことはないということでこれからの私の楽天ライフを支えていただこう。