読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東海大冒険

多分エッセイ的な雑記

広島は巨人みたいだった

野球

なんて言うと広島ファンに怒られちゃいそうだけど。

今回の日本シリーズはとても面白かった。基本巨人が出ないシリーズは見てても片手間で、どんな戦いだったかなんて覚えちゃいない。去年は山田の3連続弾はあったけどもまぁソフトバンクが順当に行くんだろうなと思いながら見てたしその前も同じ。広島と日ハムという顔ぶれが新鮮で、試合の内容は勿論二刀流大谷・現役最後の黒田といった構図のストーリー、そんなキーマンの使いどころなど文字通り最後まで目が離せなかった。

全ての試合が接戦、手に汗握る展開故に広島は投手起用の幅を狭めた。今村、ジャクソンが全試合に登板、守護神の中崎と合わせたこの3人が勝ちパターンである訳だが、その他ではヘーゲンズと大瀬良が2試合ずつ投げたのみ。一岡、九里、福井と6戦全てでベンチ入りしながら結局1試合も投げなかった投手が3人もいる。展開的に出す場面が無かったと言えばそれまでだがどうにも枠を有効活用できなかった感がある。

これはシーズン中マシソン、山口、澤村への負担があまりにも大きかった巨人の中継ぎ陣と似ている気がする。他にも田原誠、戸根など投手はいるが接戦になったらとりあえず上の3人の誰かを出すという采配を何度も見てきた。特に去年から顕著になっているこの傾向だが、結局他の投手がそこまでの信頼を得ていないからとすぐに結びつけるのはどうだろうか。信頼を得るためにはそういう展開での場数を踏んで結果を出さなければいけない、しかし勝利を優先するチームにおいて経験を積ませる為に競った展開でそういう投手を出すのは勇気がいる。それが失敗しても許される程度にチームに余裕があればこうして投手を育てることができる。原政権時は豊田や林などから越智山口、そしてマシソン西村澤村といった未知数の選手たちへの交替が比較的スムーズに行えていた様に思う。今回それがなかなかうまくいかなかったのはやはり今チームが余裕を失っているということなのだろう。

日ハムもマーティンが不在でバース、宮西、谷元を中心に回していたという点では似ているがそれでも1試合も投げていないのは白村くらいで後は何処かしらで働き場を得ている。仮に巨人がシリーズに出場して今回みたいな展開だったらどうだろうか。マシソン山口田原澤村が投げまくる一方で、戸根西村宮國は全く出番が無かったかもしれない。場数を踏めない中継ぎの悲哀がそこにはある。

とまあ最後は巨人の話になってしまったわけだが、最初に述べた通り今回の日本シリーズは非常に見ごたえがあり、贔屓チームではない同士の対決ということでこのように比較分析を(素人なりに)できた。まぁ来年はもっと戦力を底上げした巨人が見たいな。

最後にファイターズの皆さん日本一おめでとうございます。そしてカープの皆さんもお疲れ様でした。