読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東海大冒険

多分エッセイ的な雑記

パワプロのブランクは埋まるのか

f:id:hanro23:20161025211249j:plain今更ながら10年ぶりにパワプロを買ったという話。

 

最初に買ったパワプロは10超決定版2003メモリアル。それまでなかなかゲーム機を買ってもらえず友達の家でパワプロばかりやっていた、そんな我が家に待望のPS2がやって来て最初に買ったソフト。基本的に操作が下手くそなのでサクセスはルーキーのお守りがないとクリアできなかった。次に買ったのが11超決定版。これが1番ハマった。家でやる時間ができて少しずつ腕も上がっていく中で何人の選手を作ったか分からない。それぐらい思い入れのある作品。

あまりに11超にハマり過ぎてその後のシリーズにはイマイチ熱が入らず。13決でいきなり打球が飛ばない仕様になったのにムカついてそれ以降パワプロを買うことはなかった。そして中学、高校と進みゲームをやる時間もなくなり、ハードもPS3、PS4と移り完全にパワプロ、ないしゲーム自体が遠い存在に。

そんな私であったが最近ふとまたパワプロやりたいと思い、VITAという便利なハードを購入。逸る気持ちから2月に予約をして4月の発売と同時にダウンロード。

www.amazon.co.jp

こういうテンションは久しくなかったのでつまるところ艦これの加賀さん並みに気分が高揚しているわけで、意気揚々とプレイしてみたわけだが時間が経ち日本シリーズが始まっている今どうなっているかというと...

 

 

 

 

あまりハマってない(汗)

 

11超の思い出とのギャップで今一つのめり込めない。のぶ代ドラとわさびドラが同じドラえもんではないのと同様にパワプロもシリーズとはいうものの、それぞれ作品ごと違うものだ。やっぱり打球が飛ばない。11超はミート打ちが強くて多少芯を外しても十分内野の頭を越えたり間を抜けたりすることができた。そんな打ち方が2016ではポップフライ・ボテボテゴロ量産機になってしまう。まだヒットを打つコツがつかめないのでこのままやってもつまらないだろうということでサクセス、マイライフはやってない。その代りにパワプロをやらなくなった辺りからできた栄冠ナインに手を出している。まだ新米監督もいいところだが果たして名将になれるのか。

文句も言いつつもやっぱり久々にやってみると楽しい。自分でカーソルを動かしてミートする。△ボタンか方向キー+▢ボタンを連打してランナーを走らせる、自分で野手を動かして守備をする。この基本の操作があってこそパワプロであると思う。私はスマホパワプロアプリは入れていないのだがそういう理由である。PS2時代は十字キー派だったがVITAだからかは分からないがもはやそれでは話にならないのでアナログスティックを特訓中。まずは変化球を打てるようになるところからだ。

10年ぶりのパワプロで昔はよかったとかいいつつも懐かしみながら遊ぶ、それは旧ドラから新ドラへの変化を受け入れる過程に似ている。