東海大冒険

多分エッセイ的な雑記

STAND BY ME ドラえもんを見逃した

 

見逃した。

 

www.tv-asahi.co.jp

30分くらい寝るつもりが起きたら3時になっていた。やっぱりちょっとだけ寝るというのは高度な技なんだなあ。

映画自体は2年半前に劇場で観ているしDVDも買ったので内容は知っている。折角なので放送記念に当時の自分の思ったことを備忘録的に。

内容自体は漫画を読んでる人にとっては既視感があったはずである。「STAND BY ME ドラえもん」は原作にある7つの話を繋げたものなのだ。どの話を使っているのかはwikiを参照されたし。ほとんど前情報を入れず観に行ったので一体どういうストーリーなんだろうと思っていたのだが、なーるほどそういう感じか、また良い感じに繋げているな、と。時系列的には「さようならドラえもん」「帰ってきたドラえもん」は単行本6巻と7巻にあり、「未来の国からはるばると」以外のものよりも早い。子供の頃6巻が最終回みたいな感じに終わり、本屋には7巻から45巻まであるドラえもんが並べられているのを見ているので「?」と思った記憶がある。単行本ではあまりにも唐突だったドラえもんとの別れの間にどんなストーリーがあったのか、一つの説をこの映画は示してくれたのだと思う。

個人的に1番印象に残ったのは「雪山のロマンス」の中でのオリジナルストーリー。通常の映画ドラえもんにも大長編ドラえもんにはないオリジナリティがたまにあるように(夢幻三剣士のラストとか)こちらにも原作にない話があるといいなとか思っていたけど、今回は割と深いところを突っ込んできたなと感じた。それは遭難したオリジナルのび太と未来しずかを未来のび太が助けた後、のび太同士の会話の中でオリジナルのび太ドラえもんに会ってみる?と聞くが未来のび太はいや、いいよと断るたった数秒のシーンである。

今まで未来のび太ドラえもんについて話すことは無かったと思う。(もしかしたら原作でのび太が最初に未来に行ったときに未来のび太が話していたかもしれない、だったら申し訳ない)原作の中でものび太は何度か未来に行っているし、同時上映ではあるが単独の映画としての「のび太の結婚前夜」もある。未来の世界の中でドラえもんは出てこないし、未来のび太も他の誰もドラえもんについて触れていない。まるでドラえもんなんて最初からいなかったんだと言わんばかりの世界。そこで観ている側は未来の世界にもうドラえもんはいないんだ、のび太ドラえもん無しでも十分にやっていけるくらい成長したんだ、と勝手に思う。それが今回(多分)初めて本人の口からもうドラえもんには会わないでおくよという発言が出てドラえもんとの決別を宣言した。そこに改めてのび太の成長の跡、そしてドラえもんというタイトルを冠している故の寂しさを感じたのである。

今回はドラえもんの鈴に猫集め以外の機能が付き、原作にはない嫌々のび太の世話をするという設定がなされている。のび太の成長と共に変化するドラえもんの心情。涙を流して別れを惜しむドラえもん。そして再会。こうした2人の友情を描きながらも、行きつく先にドラえもんとの永遠の別れを示唆しているのが切ない所である。未来の世界でドラえもんはどうしているのだろう。耳が無かったりねじが1本抜けていたりと不完全であったからその頃にはもうロボットとしては寿命を迎えていたのかもしれない。のび太の未来を変えるという役目を終え、またどこかの家で子守りロボットをやっているのかもしれない。2人の本当の別れとはどのようなものだったのか。それは「さようならドラえもん」からだけでは分かりようもない。

自分もいつかドラえもんに全く興味が湧かなくなる時がくるのだろうか、それはドラえもん無しでもやっていけるくらいに成長したということなのだろうか。それが果たして自分にとって良いことなのか。モラトリアムの真っ只中で、秦基博の主題歌がそんなことを考える気持ちに余計に拍車をかけるのであった。

 

P.S.ここまで書いてそもそもドラえもんってセワシの元にいたロボットだからセワシの所に帰ったんじゃないかという説が浮上。そうなると上の考察は全てバカみたいになっちゃうけどまぁ当時思ったことだから許して下さい。

デリプラ無課金録7

f:id:hanro23:20170108213235p:image

ステージ255をクリアし、ようやく高尾山に到着。まだまだ先は長い。果たしてサービス終了までに追いつくことはできるのか。

最近はそこそこあるバリアを短い手数で全て消すみたいな面が多い。ベガかLv.2サオリの出番が多い訳だがどうにも無駄消しが多く、クリアまでたどりつけない。シールドに囲まれたエナジーメタル破壊するのも大概だけどできそうでできないってのはかなりストレス。

ジェニミズ、アルタイルイベントは早々に放棄。今はバリア消しの頭になっていてエナジーメタルやカラーメタルには対応できないのでとりあえずストーリーを進めていこう。

デリプラ無課金録6

f:id:hanro23:20161225224248p:image

f:id:hanro23:20161225224249p:image

ポンタイベントと聖夜ミコライベントをクリア。アウローラはカラーメタル地獄を乗り越えられる気がしないのでもう断念。

 

ただそれだけ。12月に入ってからクリスマスムード一色だった世間も今日が終わればそれが無かったかのように新春モードに入る。この切り替えというか文化としてすっかり定着しているクリスマスなのに、その余韻というものが一切ない感じがすごく変。言葉ではうまく表現できないけど何か妙な感じ。まぁ時期的に仕方ないんだけど。

f:id:hanro23:20161225224838p:image

どうでも良いけど西洋と和風がうまい具合に融合したミコライベントのこの背景は個人的にすごく好き。

デリプラ無課金録5

珍しく5面のオーブの巡り合わせが良く、イベントをクリアしてラークスをゲット。

f:id:hanro23:20161223010118p:image

ずっとイベントで獲得できなかった精霊だったので万感の思いでいたが、スキル自体は逆エリーンに過ぎないのでまぁ使わないだろう。

 

その他ガチャではまた新しい精霊を召喚。

f:id:hanro23:20161223010349p:image

〇〇の一部を変換する系の精霊を使わなくなってどれくらい経つだろうか。あまり頭を使いたくない人にとっては精霊のスキルもシンプルな方が良い。15%がどれくらいか考えるより〇列消す、〇個を変換の方がわかり良いのは当然である。それくらい面倒くさがりなのでそもそもゲームに向いてないのかもしれない。

 

前回獲得できなかった2周年記念精霊イベントが再び発生中。イラストから見て緑属性なのは分かるのだが...

f:id:hanro23:20161223010856p:image

このカラーメタル地獄の画はちょっとキモい。

改めて香月良太について

トライアウト受験からの動向が分からなかった香月だが台湾球界に挑戦するらしい。

www.hochi.co.jp

正直台湾に活路を求めてまで現役にこだわるとは思っていなかった。というより香月のような移籍組中堅選手が戦力外を受けると、巨人では基本的にスタッフや球団職員としてチームに残るケースが多かったので香月も自然とそうなると思ってたからかもしれない。去年であれば青木や横川、その前なら高木康や吉武なども巨人在籍年数は短いもののマネージャーやスカウトという形でチームに残っている。香月と共にオリックスから移籍した阿南も巨人ではほとんど出番がなかったが、アカデミーのコーチに就任するらしい。

www.nikkansports.com

そういう訳で選手の面倒見のいい巨人である。現役を続けたいという気持ちはあるが、現実的に厳しいという認識も感じているだろうし、次の人生を考えなければならない微妙な年齢の選手にポストを用意してくれるのはありがたいことなのだろう。香月に対しても打撃投手などでスタッフ就任の要請はあったと思うし、だからこそ1人だけ通告が遅れたのではないかと思ったというのは前回述べた通り。

しかし香月は現役を続けることを選んだ。それは今年の干されっぷりを考えればやり残したことがないとは思えないわけで十分分かることである。しかしそれは必ずしも彼に限ったことではない。だから今回この決断に至ったというのは意外であり、そして何とか台湾で野球を続けられたらいいなと思うのである。

前回のブログでも言及したように、戦力的にも層の薄い中継ぎ陣の中で香月の出番は必ずあったはずだし、開幕二軍は仕方ないとしてもどこかで一度は一軍に上がるだろうと思っていた。しかし同時に6月になっても昇格できなければそこから上がる可能性は非常に低くなるだろうとも予想していた。

巨人の香月は大体夏場に入ると調子を落とすイメージがある。ただでさえ田原山口マシソン澤村の継投にこだわる首脳陣が勝負どころの夏場から秋にかけてそれまで一度も一軍で投げていない投手を、ましてやこれからの成長が望まれるような若手でもない選手を上げるだろうか。香月は調子の良い春先に一軍でそれなりに投げて不調に陥る前までに敗戦処理でも何でもそれなりに結果を出しておかなければならなかった。だから二軍で投げ続けても勝負する舞台にさえ立たせてもらえなかったのは気の毒だった。もし一軍で数試合投げてボコボコに打たれでもしたら納得したのだが。

NPBから声が掛からなかった以上年齢的にも再び戻ってくることは厳しいと思う。そもそも台湾で野球が続けられるかどうかも今の段階では分からない。ただ、巨人時代の晩年が消化不良だったのは事実だろう。トライアウトではオリックス時代を彷彿とさせるヒゲ面で登場したが、現役に拘る姿勢と巨人との決別を表す意思表示だったのかもしれない。

基本プロ野球は巨人戦だけ、高校野球も自分の出身県の代表の試合だけという狭い見方しかしてこなかった。だから香月の柳川高時代の活躍を知らないし、オリックスでのいぶし銀的役割も数字の上でしか知らない。たった4年間の在籍で目だった活躍をしたわけではないのだが、何か琴線に触れるものがあったのは確かである。そういうわけで香月にとって良い知らせが届くことを願ってやまない。

デリプラ無課金録4

f:id:hanro23:20161206194342p:image

エリーンイベントにて5面に四苦八苦しながらもなんとかクリア。しかし果たしてこの精霊をうまいこと生かせるかと言われると正直悩ましい。確かにスコルピー等を使う時にバリアが集中している列を狙って消してくれればなと思うことはあるが大抵は他にも消したい列はあるわけでそう都合よく右の列だけ消えればなんてことはない。レベルMAXにでもならない限りはやはり使い所はないと言っていい。

 

ちなみに2周年記念精霊のアウローラは5面が恐ろしい難易度でクリアできず。あれだけバリアまみれで何ができるというんだ。

f:id:hanro23:20161206195016p:image

それとは別に通常ガチャを回していたら新しい精霊が召喚された。それにしてもこの名前は他に何とかならなかったのか...。

デリプラ無課金録3

ライブラ獲得イベントではライブラの他以下の精霊を獲得。

f:id:hanro23:20161128193403p:imagef:id:hanro23:20161128193406p:imagef:id:hanro23:20161128193413p:imagef:id:hanro23:20161128193421p:image

今は亡きアストラとのコラボ精霊を全く獲得できなかったので精霊コンプリートはおそらく不可能。とにかく精霊のレベル上げはやっておかなければ。

f:id:hanro23:20161128193659p:image

精霊の他ゴールドも確か40000くらいはゲットしたはず。無課金プレーヤーにとってゴールドを稼ぐにはひたすらステージをクリアするしかない。最近はスペシャルガチャを全然開催しないので通常ガチャをたまに回すが、基本★2つくらいの精霊しか出ない。しかし今回は何故か割とレアなピザハットの精霊を獲得。個人的にはピザーラの方が好き。

f:id:hanro23:20161128193947p:image

そしてまた新しいイベントが。

f:id:hanro23:20161128194137p:image

花と憤怒の競演とは一体...。