東海大冒険

多分エッセイ的な雑記

さらば楽天銀行よろしく楽天カード

今回は個人的な話。

楽天銀行カードから楽天カードに切り替えた。

f:id:hanro23:20170911155600j:image

 

そもそも最初に楽天銀行カードを選んだのが戦略ミスだった。ゆうちょに慣れていた身からすれば楽天銀行の手数料はあまりに高すぎた。だから基本カードの引き落とし口座としてしか使う気になれなかったこともあって逆に銀行口座をもっているという認識が希薄になった。

しかし、もし引き落とし日に残高が足りないとなればクレヒスにも傷がつく。自らの認識と実際の重要度のギャップがあまりに激しくカードを手にしてから早くもこの口座を持て余してしまっていた。

 

入会特典でもらえる楽天ポイントにも楽天カード楽天銀行カードでは相当な差があったのに(その時は楽天カードが6000ポイントで楽天銀行カードが2000ポイントだったと思う、多分)何故楽天銀行カードの方を選んだのか。

それは当時クレジットカード、そして自分で作った銀行口座というものに憧れていたというもあっただろう。大人の嗜みとして持つクレジットカード、いちいち窓口で煩雑な手続きせずとも開設できるネット銀行、それが両方備わった楽天銀行カードというのが当時魅力的にみえたのである。

思えばあまりに幼稚な発想ではあるがその当時はモラトリアム真っ只中で色々と葛藤があった時期でもあり、カードを持つことでそれを脱したような錯覚を起こしていたように思う。

 

それでもゆうちょがメインバンクだったころは手数料無料で楽天銀行に入金できたので何とかなっていたが最近になって事情が変わりゆうちょはほぼ使わなくなった。

ということでいよいよ楽天銀行口座を保有している意味が無くなったので解約を決意。しかし楽天自体はたまに利用するので引き落とし口座を替えて楽天カードに変更することに。

 

手続きは他のブログでもあったが楽天銀行楽天カードとで別々に解約、申込みしないといけなかったので少々面倒。そして申込みから約1週間で楽天カードが届いた。

ブランドは楽天銀行カードの時と同じJCB。海外に行くことも暫くはまずないだろうし、そもそもVISA、Mastercardのカードも持っているしで変える理由もなかった。

前述の通りあくまでたまに利用する程度でそこまで活躍の機会はないかもしれないがあるに越したことはないということでこれからの私の楽天ライフを支えていただこう。

デリプラ無課金録11

夏ヴィラージョ様様。

f:id:hanro23:20170906220219p:image

f:id:hanro23:20170906220221p:image

障害物が強力なオーブに替わるという能力はやはり強い。短期間でイベントを2つもクリアしたというのはどれくらいぶりだろうか。やはり無課金でやっている以上精霊のチョイス、使うタイミングがステージクリアの鍵になる。

 

この精霊の恩恵はイベントだけでなく、

f:id:hanro23:20170906220225p:image

ずっと攻略できなかったステージ266をも容易に突破してしまった。シールドは中央の一か所にしかないのでこの精霊を使うのは少々勿体無い気もするのだが、真ん中でスペシャルオーブが遮断されてしまうというのも案外目障りなもので、これが無くなることによるやりやすさというのも馬鹿にはできない。

というわけで止まっていたストーリーが再び動き始めた。しかしステージは既に800近くまで進んでしまっている。先はまだまだ長い...。

デリプラ無課金録10

進捗ダメです。

ストーリーが全く進まない。今まで何ヶ月も手こずったコースはいくつもあったが今回は本当に惜しい感じすらないので先は長くなりそうだ。

f:id:hanro23:20170811210002p:image

イベントもスルー続きでモチベーションもダダ下がりだった所で漸く連鎖連鎖で気持ちよくステージをクリアし夏ヴィラージョをGET。シールドがミラクルになるのはなかなか強いのではないか。

f:id:hanro23:20170811210622p:image

ここまでの停滞感を吹き飛ばす爽やかなこの背景は嫌いじゃないよ。

デリプラ無課金録9

ボムってなんだよ(怒)

f:id:hanro23:20170624223244p:image

ただシンプルにパズルを楽しめるが為に続いているゲームでこのトラップはなあ。ボムを消せるかどうかは完全に運でできなかったら強制ゲームオーバーというのはこちらのモチベーションをいたく下げてしまう。エナジーメタルやアメーバはまだいいが、カラーメタルで結構萎えたところにこれだから...ようはクリスタルを課金しろということか。

 

まさかの

今更だが来春の映画ドラえもんの内容が公開された。

doraeiga.com

カチコチの終わりの予告で三角帽子をかぶったドラえもんを見て次の映画は南海大冒険のリメイクなんだなと確信した人は多かっただろう。そこを何と2作続けての新作とは制作側が本気を出したということか。

しかし宝島というのび太の恐竜並みに短いタイトル、サブタイもつかない辺りやっつけ感も拭えないと言えば拭えない。南海大冒険も宝探しから始まる内容だっただけにどういう差別化を図って来るのか。とにかく来春の航海を心待ちにするしかない。

デリプラ無課金録8

こちらの環境の変化でゴタゴタしており、ネットが繋がらない期間が長かった。当然キャリアの回線だけではすぐ通信制限に達してしまうのでアプリを開くこともなくなってしまった。

最近ようやくその状態を脱したので久々にプレイ。相変わらずストーリーは進められないがイベントを1つクリア。まぁ今はまだリハビリ中ということで。

f:id:hanro23:20170613222653p:image

カチコチ観てきた

doraeiga.com

アメトーークドラえもん芸人にてドラえもん史上最高傑作というサバンナ高橋のハードルを上げまくった宣伝のもと、家族連ればかりの映画館へ。

ドラえもん史上初となる南極を舞台にした作品。リニューアル後のオリジナル作品によく思うストーリーの急展開ぶり、詰め込み感は今回もやはりあった。

まず公開の時期が時期だけに仕方ないことなのだが、日本の夏は暑いから南極へ行くという設定から季節外れ感が半端ない。実際最近はまた寒気が戻ってきていたのだから今一つ映画内の環境にピンと来れないところが惜しい。スタンドバイミーの時くらいの公開だったらバッチリなんだけど。

ドラえもんが2人いてどちらが本物?という展開は面白いと思った。こういうストーリーって実はドラ映画の中では無かったんじゃないだろうか。それだけにこの件があっさり終わってしまったのも勿体無かった。何なら真ドラと偽ドラがストーリー通じてどちらが本物か張りあう話を軸に進めても良かったんじゃねえかなとか思ったりする。

結局リングがどのように星の復活に関係するのかというのが最後までイマイチ分からず仕舞でちょっと消化不良気味。その辺りはもうちと説明が欲しかったな。

今までの傾向と本編後の予告を踏まえ来年はまたリメイクになりそうだ。これまでのリメイク作品は全て初期の頃の作品だったが今回は比較的新しいものを扱うらしい。果たしてどうなるか。